Blog

はるひ野初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットに大切な事の知識を紹介

 

痩せる妨げになる食べ物

 

痩せることを難しくする食べ物は、一体どういった種類が存在するでしょう。体内に蓄積されていく脂肪細胞は脂質や糖質でできていますので、不用な脂質や糖質の摂取は気をつけましょう。活動に必要なエネルギー量が多い都気は糖質はそのエネルギー源となりますが余剰ぶんの糖質は脂肪として蓄積されるといいます。糖質を摂取する時間が午前や昼であれば、エネルギーとして使われます。夕食で糖質の多い食べ物をとると脂肪に変わりやすく痩せる妨げになるといえるでしょう。脂質の場合は、エネルギーとして使われるか脂肪細胞として蓄えられるかのいずれかとなります。エネルギーとして使われた際に残りがあると、脂肪細胞として蓄えられ痩せる妨げになります。脂質も朝や昼に摂取し、夕食の摂取量を控えることが大事になります。米、パン、パスタは炭水化物であり、糖質を含む食べ物です。ですが炭水化物は、他の糖質と比較すると体内への吸収がゆるやかな成分です。炭水化物は主食として用いられることが多い成分だといいます。お菓子や清涼飲料水に含まれる糖質は消化吸収が速く体脂肪になりやすいことです。体重増加の原因になる食べ物の摂取量を減らし、痩身効果がある食べ物を増やすことで、痩せる効果を得やすくなることでしょう。

 

2020年10月10日 立川店OPEN

現在多摩店も同時キャンペーン開催

立川ダンススクール むくみ解消の秘訣

2020年10月10日立川初心者ダンススクール OPEN

本日はむくみ解消の秘訣を

むくみ、脂肪…下半身太りについて           下半身太りとは

 

下半身太りは下半身に脂肪がついていく状態の事です。おしりや太ももに脂肪がついて太っていく状態で、ダイエットをしてもなかなか下半身が痩せていかないという事で悩んでいる人も多いようです。

下半身太りとなる理由はいろいろと考えられますが、セルライトという脂肪が肥大化したものが一度出来ると、これを運動や食事制限によって無くしていこうとしても、セルライトによってこの部分は血行が悪くなっているので、痩せにくい状態になっていて、下半身はなかなか痩せない状態になっているのです。

 

下半身太りの特徴

下半身太りの特徴として、おしりや太ももに脂肪がついて太っていくという特徴があります。他の部位はそれほどでもないのですが、この周りに集中して脂肪がついていき、一度脂肪がつくとダイエットをしてもなかなか取れないというのも特徴的です。これは既に脂肪が肥大化して出来たセルライトというものが、血行不良を起こさせていて、そのため他の部位に比較してダイエットなどの効果が出にくくなっているという事が起きていると考えられます。元々、おしりや太ももは脂肪がつきやすくなっていて、特におしりは周りに筋肉などがなく脂肪をつけやすい構造になっているので一度出来たセルライトを無くしていくことが出来にくくなってしまいます。仮に下半身痩せに成功した場合でも一度できたセルライトは無くなったわけではなく小さくなっただけなので、脂肪が付くような食事や生活習慣をしていると再度大きくなりやすいという特徴があり、これがリバウンドしやすい理由ともなっていて、直ぐに元に戻ってしまう原因ともなっています。一度下半身太りとなると太りやすく痩せにくい体質になってしまうというのも下半身太りの特徴といっていいでしょう。一時的に痩せても油断するとすぐに元に戻ります。

 

下半身太りの解消法(食べ物)

下半身太りを解消する食べ物としては、わかめなどの海藻類が効果的です。これはカリウムという栄養素が豊富に入っていて、体内の塩分濃度を調節して不要な塩分を体外に出してくれるという調整機能があるからです。さらには食物繊維も多く食べていると満足感もあるので、あまり多くのエネルギーを摂取する食事になりにくいという事もあります。海藻類はビタミンやミネラル類が豊富なので体内の機能を正常に保つ働きもあります。これによって血行不良を改善していくことが出来るようになります。

そして、出来るだけ脂肪をつけにくい食事をするという事も大切です。海藻類はお腹の中で膨れるので、満腹感を得られやすいというのも魅力的です。ダイエットとしても申し分ありませんし、健康増進を考える上でも問題ないでしょう。気を付けたいのは炭水化物を多く取ってしまう事です。炭水化物には糖分が多く含まれていて、これが脂肪の元になってしまうので注意が必要です。

 

下半身太りの解消法(ストレッチ・運動)

下半身太りを解消する運動としては、軽いランニングがいいでしょう。早歩きといった方がいいかもしれません。競歩的な感じで汗をかくぐらいで長く出来るところが魅力的です。下半身の筋肉を当然使うことになりますし、ある程度の負荷を筋肉にかけることになるので、脂肪の燃焼を促進してくれます。散歩だと付加的に軽すぎますし、ランニングになると長く続けることが難しくなります。

また、ストレッチであれば足を前後に開いてふくらはぎを伸ばして、筋肉に負荷をかけるような事をするといいでしょう。運動前に陸上選手がしているようなストレッチが最適です。これを少しオーバーに体が深く沈みこむようにすれば、かなりの負荷が筋肉にかかるので脂肪が燃焼していくことになります。コツはゆっくりと時間をかけて筋肉に負荷をかけていくことで、筋肉が伸びていることを実感しながらやりましょう。負荷がかかっていると、かなりしんどくなるので体が熱くなってきます。これが脂肪が燃焼している証拠です。

ダンスで元気にダイエット
多摩初心者女子の為のダンススクール
2020年10月10日グランドオープン
立川初心者女子の為のダンススクール
~FANTASYの通いやすい特典~
多摩店/立川店共通
①どのクラスも超入門クラスだから安心
さらに、フリー制度だからどのクラスも予約可能
②無料レンタルシューズ完備
22~25cmまで
③汗拭きシートなどアメニティー自由
レッスン後のエチケットなどのグッズを無料提供
立川グランドオープンキャンペーン
今なら超お得にダンススタート出来る♪

 

立川40代からの初心者ダンススクール 小豆日誌

立川店10月10日OPEN

40代向けのダンススクールも完備 気軽に参加できる超入門クラス多数あり

 

小豆を食べると痩せられる?小豆の知られざるパワー

「赤いダイヤ」小豆

現在日本では、北海道を中心に収穫されている小豆ですが、またの名を「赤いダイヤ」と言います。そもそもなぜこのような呼ばれ方をされているかといえば、商品先物取引きの対象商品となっていたからです。時として、仕入れ値よりもかなり高い金額になることから赤いダイヤと呼ばれるようになりました。

小豆は北海道が主な生産地ですが、気候によって収穫量が大きく異なります。収穫時に例年よりもたくさんとれる場合は安く取引きされるためそれほど価値はありませんが、不作の場合にはかなり高い金額で売買されることから、非常に貴重なものとされています。

 

 

小豆の効果

赤いダイヤの意味をもつ小豆ですが、健康に良いことで知られています。その理由の一つが、小豆に含まれているビタミンB2が体内の代謝を活性化させる働きがあるため、痩せることができるだけでなく、病気を防ぐこともできます。また、美容に良いことで知られており、抗酸化作用が認められ老化を防ぐ働きがあるでしょう。

例えば、女性の場合は健康食品などを摂取して老化を防ごうとしますが、自然食として小豆を食べることを継続して行えば、身体の中の老廃物を外に出すことができます。また、それだけでなくターンオーバーも短時間で行うことができるため、きれいな肌の状態を維持することができます。

健康以外では、イライラを防ぐ効果があることも特徴です。少しのことでイライラしてしまう場合には基本的にビタミンB1が不足しています。イライラが続くことでそれがストレスになり、体の調子が悪くなることや髪の毛が抜けることも考えられます。これを防ぐビタミンB1は小豆に含まれていますので、定期的に食べるようにすることで少しのことでイライラすることがなくなるでしょう。

さらには、すぐに眠くなったり無気力になるような状態からも脱することができるのも特徴になります。たくさんの小豆を食べることで、健康の維持と精神面の安定を実現することができます。

おしることぜんざい

身近な小豆が含まれた食べ物として、おしるこやぜんざいがあります。この二つは糖分が多く含まれていますので、あまり食べ過ぎてしまうと体の調子が悪くなることや体重が増えることがあるかもしれません。ですが、毎日適量を食べる分には体に良いことが分かっています。

ところで、おしることぜんざいは何が違うのかよくわからない人も多いはずです。どちらも同じような色をしていますが、無意識のうちに食べていると違いが分からなくなってくるものです。実はこの違いは非常にあいまいで、明確な区別はありません。地方によって呼び方が違うこともあり、例えば関東の場合は汁気があるものをおしること呼び、汁気がないものをぜんざいと呼ぶことがあります。

これに対して関西地方では、こしあんでできたものをおしること呼び、一方でつぶあんのものをぜんざいと呼ぶのが一般的になります。ちなみに関西では、汁気がないものを金時または亀山と呼ぶことも少なくありません。

 

他にもこんな小豆の食べ方が

健康のためにおいしく小豆を食べたい場合には、毎日同じメニューよりも毎日違うメニューを楽しんだ方がメリハリが出てきて、飽きることがなくなります。そこで、小豆を使った食事のバリエーションを少しでも増やしておくために、事前にどのような料理やデザートがあるかを調べておくことが大事になります。バリエーションの一つは、お赤飯です。お赤飯を毎日作る人はあまりいないかもしれませんが、毎月1日でも口にするようにすることで、十分な量の小豆を摂取することが可能です。毎月何回かお赤飯を口にする場合には、少し変化をつけて栗などを入れてみてもよいかもしれません。ほんの少しの工夫で、飽きることなく継続的に食べ続けることができる点が魅力です。

ご飯と一緒に食べる場合には、お赤飯以外でもおはぎとして楽しむ方法があります。ただ、おはぎはおしるこなどと同じように糖分が多めに含まれていますので、たくさん食べる場合は糖分を調整しながら作ることが重要です。それ以外にも、お菓子として甘納豆や抹茶あずき蒸しパンなどを作ってみてもよいかもしれません。

 

ダンスで元気にダイエット

多摩初心者女子の為のダンススクール
http://www.d-fantasy.tokyo/

2020年10月10日グランドオープン
立川初心者女子の為のダンススクール
https://www.fds-dance.com/

~FANTASYの通いやすい特典~

多摩店/立川店共通

①どのクラスも超入門クラスだから安心
さらに、フリー制度だからどのクラスも予約可能

②無料レンタルシューズ完備
22~25cmまで

③汗拭きシートなどアメニティー自由
レッスン後のエチケットなどのグッズを無料提供

立川グランドオープンキャンペーン
今なら超お得にダンススタート出来る♪

今月はキッズ祭り開催 とにかく毎日開催

キッズダンスまつり開催 しかも立川店オープン記念で

大型キャンペーンも開催してます。

この機会にダンスはじめてみませんか?

多摩市ダンス日誌 教育現場でのダンスが始まっている

教育現場でもダンスが始まる

表現や踊りを通して仲間とのコミュニケーションを増やし
気持ちを込めて踊ったり 自己表現をしたりなど
楽しさや喜びを味わう事が出来る運動として
中学校・高校などの学校の体育の授業にて採用されているダンス

創作ダンス フォークダンス 現代的なリズムのダンスから学び
平成24年度から必修科目としてダンスはなりました。

熱中症には気をつけましょう

最近天気が良いですね。

天気が良いのは気持ちいいですが

熱中症にならないように気を付けて下さい。

ダンスでも最近はマスクを着用して踊る事も多いので

身体の熱い空気が外に逃げず

また身体の中に入ってしまうので

しっかりと水分補給など おススメします。

室内熱中症も多いので気をつけましょう!

 

多摩市初心者女子の為のダンススクールFANTASY

多摩市のHIPHOPならFANTASY

HIPHOPは有酸素運動など 身体の代謝を上げる要素がいっぱい

音楽に合わせながらリズムを取るので

初めての人でも動きやすい

また40代向けのクラスも多数あり

大人からダンスを始める人にはFANTYASYでは最適です。

 

 

立川初心者女子の為のダンススクール この秋OPEN

立川駅20分 西国立駅なら5分

多摩市に人気の高い初心者女子の為のダンススクールFANTASYが

10月10日(仮)に立川にてグランドオープン

ダンス初めての人に向けた超入門クラスを多数完備

この秋 しっかりと運動して 健康習慣を学ぼう!

9月から超選考特典開催

お得にスタートできる!

 

多摩境は今日も天気が良い ダンスブログ

こんにちは!今日も天気が良いですね!

3連休初日、いかがお過ごしでしょうか?夏バテしていませんか?

FANTASY DANCE SCHOOLでは多摩境にお住まいの方からも多くお越しいただいております。多摩境駅から当スクールの京王永山駅まで4駅、10分!

体を動かしてリフレッシュしましょう!詳しくはトップページへ

http://www.d-fantasy.tokyo/

八王子南大沢ダンス 痩せるための体操

痩せる為の体操とは

 

痩せる為の体操といえばなんでしょうか。体操の中でも、ダンスのように体をよく動かすものは消費エネルギー量が多く、ダイエットに適しています。ダンスのような激しい体操は、運動する人の好き嫌いがはっきりとわかれるものでもあり、万人向けでは無いダイエット方法です。人によっては、長時間拘束されるような体操になると、子育てや仕事との兼ね合いが難しくなり、続けられなくなることがあります。15分ほどの軽い体操でも、毎日続けることによって体脂肪の燃焼が促進され、痩せる効果が高まります。激しい運動でなくても、むしろ続けることが重要です。全身のダイエットではなく、部分的なダイエットをしたいという人もいます。二の腕、腹まわり、太ももを使う体操が役に立ちます。部分痩せというのは体操などをしないで、食事制限だけではどうしても痩せる事は難しいからです。毎日体操をすることで、段々とその部分に筋肉がつきます。運動によるダイエットはリバウンドしにくいという利点もあり、体操でダイエットに適した体づくりができます。ダイエットをしたことのある人なら1度や2度はリバウンドしてしまったという事があると思います。停滞期と同じようにダイエットをするとリバウンド体質になるのは自然なことです。食事を減らすだけでなく、体操をして痩せることで、リバウンドの少ないダイエットが可能です。

 

 

FANTASYなら初心者に人でもしっかりと踊れるクラス満載