News

多摩ダンス情報 妊娠中にダイエットをする時の注意点

妊娠中にダイエットをする時の注意点

 

ダイエットを妊娠中に行って体重増加を食い止めようとすると、体に何が良くないのでしょう。食事量を減らすダイエットを妊娠中に行うと、赤ちゃんの状態にも関係してきます。穀類や肉類をダイエットのために断つ人がいますがお腹の子が大きくなるには炭水化物や脂質は欠かせません。母親の体に栄養素が行き渡っていない場合、子どもにも栄養が足りなくなって、低体重児のリスクが高くなります。また、極端に食事量が少なく飢餓状態になった母親からは、太りやすい子どもが産まれることがあるようです。また、妊娠中にサプリメントを利用する場合、ダイエットのために使うようなサプリメントは避けた方がいいでしょう。サプリメントは胎児に対する安全性がはっきりしていないものも多いので、妊婦の利用はおすすめできません。妊娠中に激しい運動をするのもご法度です。ある程度は体を動かすことは、安定期以降は必須です。妊娠中に行う運動は、シェイプアップを目的としたものではなく、体を適度に動かすために行うことです。妊娠中はお腹の子のぶんも食べる必要があり、何より産み落とすためにはパワーがいります。妊娠中はエネルギーを十分に持っておくためにも、ダイエットは出産後に回すことにして、栄養摂取と適度な運動を心がけましょう。