Blog

西国立 初心者ダンススクール

ダンスダイエットの為のマメ知識

 

本日のテーマはこちら!

内臓脂肪型肥満のダイエットなら有酸素運動を取り入れよう

 

内臓型肥満は、いくつかある肥満の類型の中でも、特に早い段階で解消したほうがいいことです。内臓型肥満は、メタボリック症候群になりやすい身体症状であり、そのままの状態でいると生活習慣病のリスクが高くなってしまいます。体脂肪は、皮下脂肪と、内臓脂肪の2種類に大別されます。内臓型脂肪は、腸などの内臓の周りの脂肪です。内臓型肥満は、腸のある場所に蓄積されることが多いので、腹周りが大きく見えます。ウエスト周りだけ内臓脂肪がたっぷりついており、身体はそれほど太っていない、痩せ型の内臓肥満体型もあります。逆にダイエットの効果が最も出やすいタイプの肥満でもあるため、気になっている人はすぐにでも行動を起こしていただきたいものです。肥満体型の人が激しい運動をすると、膝や腰などの関節を痛めることがありますし、そこまでしなくても痩身効果はありますので、軽い運動から始めましょう。身体に適度な負荷をかけながら運動ができそうなウォーキングやジョギング、水中ウォーキングなど、軽い運動をするといいでしょう。内臓脂肪を燃やすためには、軽めの有酸素運動を継続的に実践することで、カロリー消費量を増やしていくことです。運動による負荷が体に蓄積しすぎないように適度な有酸素運動をするなら、誰でもできるウォーキングがちょうどいいでしょう。手軽にできるような運動を継続して行えば、だんだんと痩身効果も目で見て確認できるようになり、ダイエットの意欲を保つこともできます。内臓脂肪が気になり始めたら、毎日の生活の中に有酸素運動を実践する時間を設けてみることをおすすめします。

 

2020年10月10日

初心者女子の為のダンススクール

FANTASY

立川店グランドオープン

今ならオープンキャンペーン開催中

ダンス始めるなら今がチャンス♪

鶴川 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットの為のマメ知識

痩せる為の体操とは

 

痩せる為の体操といえばなんでしょうか。体操の中でも、ダンスのように体をよく動かすものは消費エネルギー量が多く、ダイエットに適しています。ダンスのような激しい体操は、運動する人の好き嫌いがはっきりとわかれるものでもあり、万人向けでは無いダイエット方法です。人によっては、長時間拘束されるような体操になると、子育てや仕事との兼ね合いが難しくなり、続けられなくなることがあります。15分ほどの軽い体操でも、毎日続けることによって体脂肪の燃焼が促進され、痩せる効果が高まります。激しい運動でなくても、むしろ続けることが重要です。全身のダイエットではなく、部分的なダイエットをしたいという人もいます。二の腕、腹まわり、太ももを使う体操が役に立ちます。部分痩せというのは体操などをしないで、食事制限だけではどうしても痩せる事は難しいからです。毎日体操をすることで、段々とその部分に筋肉がつきます。運動によるダイエットはリバウンドしにくいという利点もあり、体操でダイエットに適した体づくりができます。ダイエットをしたことのある人なら1度や2度はリバウンドしてしまったという事があると思います。停滞期と同じようにダイエットをするとリバウンド体質になるのは自然なことです。食事を減らすだけでなく、体操をして痩せることで、リバウンドの少ないダイエットが可能です。

 

2020年10月10日

立川店グランドオープン

多摩店も同時キャンペーン開催

堀之内駅 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットの為のマメ知識

 

コレステロールを下げる食事のコツ

 

生活習慣病にならないために食事を工夫してコレステロールを下げようとする方がいます。食事を用意する時に何に注意をすると、コレステロールを低く抑えることが可能なのでしょう。朝ご飯を和食中心にすることがコレステロールを下げる効果があります。バターやベーコン、卵を定期的に摂らないようにすることができるからです。ただし、低脂肪のハムやリノール酸を含有したマーガリンの朝食にすれば、脂肪の摂取量を少なくすることが可能です。カロリーは減らしたいけれども、肉は食べたいという人は、鶏肉や豚モモ肉にすることで、脂肪の摂取量が減らせるでしょう。血中コレステロール値や血中脂質を低くしたい時には、食事では青身の魚を積極的に食べるようにすると効果があります。大豆を使った食材は、飽和脂肪が多くなく、かつ、たんぱく質が得られます。厚揚げ、油上げ、豆腐などを積極的に料理に活用していきましょう。低脂肪の乳製品を使うことで、コレステロールの摂取量が控えられます。たんぱく質やカルシウムは、乳製品から上手に摂取して、健康増進に役立てていくといいでしょう。野菜や海藻類はコレステロールを下げる食事のメニューにはおすすめです。積極的に献立に使うようにするといいでしょう。洋菓子やスナック菓子よりも、和菓子の方がコレステロール対策にはいいようです。コレステロールのことを考えた食事にすることが体にはダイレクトに反映されます。

 

2020年10月10日

立川店 グランドオープン

多摩店同時キャンペーン開催

福生市 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットの為のマメ知識

 

減量に成功するダイエットの方法

 

減量をして成功するためにはダイエット方法の選択を間違えないようにすることが大切です。様々なダイエット方法がありますが目標となる体重や自分の体質を把握した上で、どの方法をとるかを決めましょう。身体への負荷が大きすぎるダイエットを実践しようとすると、途中で体調不良に陥るかもしれません。体にいい痩せ方をすることは、ダイエットの取り組んでいる人が直面していることといえます。どんなことに気をつけてダイエットをすれば体にとっていいのかをきちんと把握しておくことが重要です。減量の定番の方法は、毎日食べている食事の分量を少なくすることです。ダイエットが目的だとしても、極端な食事制限は健康にも良くないので、体調管理を怠らないようにしましょう。体に負荷の大きいダイエットをするとリバウンドも起きやすくなり、一旦体重が減っても、元の状態に戻ってしまいます。減量のために食事量を見直すなら、食べ過ぎは控えつつも、体が必要としている分は食べることです。リンゴやバナナなど、一つの食材を使い続けるようなダイエットでは、体に不足する栄養が出るのでおすすめできません。健康的な減量を成功させたいなら、体が必要としてる栄養素をきちんととった上で、カロリーオーバーにならないようにします。摂取するカロリーを制限するだけでなく、運動をして消費カロリーを増やすことが減量の成功を助けてくれます。

 

2020年10月10日

立川店グランドオープン

多摩店同時キャンペーン開催

 

国領 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットの為のマメ知識

 

骨盤体操で健康的に痩せる方法

 

ダイエットのやり方はいろいろありますが健康との両立を目指す必要があります。健康を損なうような体に負担のかかるダイエット方法は、仮に痩せたとしても後悔することになるでしょう。健康的に痩せるためのダイエットは色々なものがありますが体操によるダイエット方法もその一つです。日常的に足を組んだり、片方の肩に荷物をかけたり、日常的に骨盤が歪むようなことをしている人は多いと思います。知らず知らずのうちに骨盤が歪み、そのせいで代謝が下がったり、肩こりがひどくなることがあります。骨盤のズレや歪みは、出産の後になどに出やすいので、体重が増加しやすくなったり、体の調子が悪くなることもあります。歪みのある骨盤を正しい状態にして、骨盤に収まっていた臓器をあるべき場所に戻すことで、痩せる効果が得られます。骨盤矯正のための体操は誰にでもできる簡単な方法であり、体力的につらいものではないので、長続きすることが可能です。体に無理のかかる運動ではありませんので、簡単に実行することができます。簡単にできる骨盤体操ですが大切なのは継続することであり、毎日の生活の中に取り入れるようにしましょう。確実に痩せることができる他、より健康な体になれることが体操で骨盤を矯正する利点ですので、ぜひ実践してみてください。まず骨盤の歪みを矯正し、そのことで代謝を促進して痩せるという方法なので、短期間でのダイエット効果はありませんが長期的には有益です。

 

2020年10月10日

立川店グランドオープン

多摩本店同時キャンペーン開催

東大和市 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットの為のマメ知識

痩せるコツと食べ物

 

痩せるコツを考える時には、食べ物がとても重要なポイントになります。痩せるコツとは、カロリーの少ない食事をすることだと思っている人がいます。低カロリーの食材といえば、キノコ類、海草類、こんにゃく、野菜などではないでしょうか。痩せるために単純に食べる食品を低カロリーのものに変える方法は、痩せるためのコツとはいえません。ダイエットに適した体質とは、体内のカロリーを速やかに消費するというものです。しかしカロリー摂取量を少なくしすぎると、カロリーを使わない体になります。上手に痩せるためのコツを考えるならば、まずはバランスよく食べる事が大切になります。食事からはたんぱく質をきちんと補給することが重要なポイントともいえます。たんぱく質というと肉類ですが肉には脂肪も多く含まれているので、ダイエットをしている人の中には肉類を一切食べないと言う人もいます。人間の体にとって、筋肉をつくるためにはたんぱく質は欠かせません。筋肉が落ちるとカロリーの消費量が減り、痩せにくい体になってしまうので、ダイエット中には必要な栄養成分なのです。筋肉がつき、引き締まった体になるために運動とたんぱく質を含む食事をすることで、カロリー燃焼効率の高い体質になることができます。新陳代謝が上がれば、消費されるエネルギーの量が増えるので、太りにくい体になるわけです。カロリー制限を重視しても、脂肪燃焼が活発になることはありません。たんぱく質を食事から取り入れ、運動と組み合わせて筋肉をつけることが痩せるコツであるといえるでしょう。

 

 

2020年10月10日

立川店グランドオープン

多摩本店同時キャンペーン開催

高幡不動 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットの為のマメ知識

 

Lカルニチンサプリメントとダイエットについて

 

ダイエットサプリメントとしてメジャーな、Lカルニチンという栄養成分について調べてみました。ダイエットサプリメントに利用されているLカルニチンの主な働きは、筋肉の中に存在する脂肪の燃焼炉、ミトコンドリアに脂肪を運ぶことです。筋肉が無いとLカルニチンは仕事が出来ず、いくらダイエットに役立つ成分であるLカルニチンをサプリメントで摂取しても筋肉がなければ無意味ということになります。筋肉にはさまざまな役割がありますがダイエットサプリメントにおける筋肉の役割は、最大の脂肪燃焼の場であるということ。脂肪は筋肉で燃やされるので、筋肉があるからこそ脂肪燃焼の環境が整えられているのです。筋肉が増えれば、それだけ脂肪の燃焼量が増えて、ダイエット効果も上がり、太りにくい体質に変わるのです。臓器の中でも筋肉は数少ないコントロール可能なものであるため、自分の努力や意志によって増やすことも不可能ではありません。内臓であり肝臓や腎臓の働きを強くすることは難しいのですが強くすることも可能なのが筋肉という臓器の特徴です。絶対に裏切る事なく、脂肪燃焼の場として働いてくれるのがエクササイズやトレーニングによって培われた筋肉なのです。ダイエットだからといって、激しく苦しいトレーニングが必要なわけではなく、1日15分、ちょっと疲れる程度のダンベル運動でも十分にダイエット効果が期待できます。きっとダイエット効果を体感する事が20~30分程度のウォーキングでも、サプリメントを取り入れることでできるのではないでしょうか。適度な運動を毎日の生活に取り入れながら、脂肪の燃焼を助けるLカルニチンをサプリメントを摂取すれば、ダイエット効果は倍増していきます。早速あなたも、運動とLカルニチンのサプリメントを取り入れたダイエットにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

2020年10月10日

立川店グランドオープン

多摩本店も同時キャンペーン開催中

矢野口 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットに必要な豆知識

 

体脂肪を効率的に落とすために必要なダイエット方法とは

 

体脂肪が蓄積している身体は、めりはりの少ないプロポーションになることが知られています。お腹は体脂肪がつきやすい場所なので、ウエスト周りに脂肪が増え始めていないかは常にチェックしたほうがいいでしょう。体脂肪は一旦つき始めるとどんどん増えていきますので、はやめの対策をスタートすることをおすすめします。体脂肪が増えてきたと感じたらダイエットをすぐに開始しないと、気づけば相当量の体脂肪を貯め込むことになりかねません。体脂肪は男性と女性でもつきかたが異なり、やはり女性のほうが体脂肪はつきやすい体質となっています。体脂肪の燃焼を促進しやすい運動を日々の習慣に組み込むことがダイエットをする時は大切になります。有酸素運動をすることは、脂肪燃焼の効果を高めることが可能です。音楽を流して、体を動かすエアロビクスやジャズダンスは、楽しく体を動かすことで、飽きずに長く運動を続けることができ、共通の趣味を持つ仲間を得られるという点でも有意義です。一方で自分だけでジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を淡々とこなしながらダイエットを行う場合は、やはり途中で挫折してしまう人も多くなります。ダイエットを長く続けるために大事なことは、モチベーションのコントロールです。継続させなければ効果もできませんし、またせっかく落とした体脂肪を低い数値のままで維持することもできません。ジムでトレーナーにアドバイスを受けながら体脂肪を減らす運動をする人もいますがダイエットで大事なことは自分に合う方法であることです。

 

2020年10月10日

立川店OPEN

多摩店も同時キャンペーン開催

狛江市 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットの為のマメ知識

有酸素運動に適した時間帯

 

ダイエットを有酸素運動によって行うにはどの時間帯が良いのでしょう。血液中の糖質がエネルギー源となるのが酸素運動を始めてしばらくの間です。すぐに体脂肪を燃焼させることができるので、有酸素運動を血糖値の少ない時にすればダイエットに良いのではないかと思う人もいるでしょう。実は糖質とは唯一の脳の栄養源となっています。集中力が低下している極度の空腹状態では、想定外のトラブルにジョギング中に巻き込まれることもあるのではないでしょうか。運動を低血糖状態でする場合には、肝臓のグリコーゲンを使うといいます。同時に筋肉の原料となるアミノ酸も使ってしまうので、筋肉をすり減らしてしまうことになるでしょう。血糖値がある程度の状態である時に運動を開始するほうが低血糖状態で有酸素運動をするよりおすすめだといえます。ダイエットは、徐々に血中の糖質から体脂肪に使用するエネルギーを切り替えた方が健康的にすることができます。早朝にジョギングをダイエットが目的で行う人もいます。激しい運動を空腹の低血糖状態ですることは、高齢者にとっては特に危ないことです。消化活動に血液が集中している食後すぐは、運動をしないほうが無難だといえるでしょう。血糖値が安定し、消化活動も一段落ついた、食後1時間以上が経過した頃がダイエットを有酸素運動によって行うのにぴったりの時間帯ではないでしょうか。

 

2020年10月10日

立川店OPEN

多摩店も同時キャンペーン開催

日野市 初心者の為のダンススクール

ダンスダイエットにおけるマメ知識

 

肥満を改善する運動

 

体質改善で肥満を解消できれば、糖尿病や高血圧などの、生活習慣病リスクを軽減することができます。肥満の改善といえば食事の制限が思いつきますが食事の見直しだけで肥満を改善することはできません。食事等で補給したカロリーより、一日に消費するカロリーの方が少ないと、体内で余ったぶんのカロリーが脂肪になって肥満の元になります。食事療法だけでは体脂肪を減らすことはできません。正しい食事と適度な運動を組み合わせることで肥満を改善することが可能となります。日頃から、滅多に体を使わない日々を送っている人が肥満になりやすいといいます。ウォーキングや水泳などが運動が得意でない人にもおすすめです。体脂肪を効率的に燃焼させるには、適度な有酸素運動をするようにするといいでしょう。肥満気味の人がジョギングのような運動をすると、膝や腰の関節に体の重みによる負荷がかかります。不安な人は水中歩行などがおすすめです。肥満改善のためには20~30分間の運動を週3~週6の頻度で、ウォーキングをする場合は40分~60分程度の運動がちょうどいいようです。疲れをためないように心身共にリラックスして運動を行いましょう。基礎代謝が高い方が運動によるダイエット効率は高まりますので、筋トレなどが筋肉を増やしておくのもいい方法です。生活習慣病リスクを軽減するために肥満改善に効果的な食事の見直しや運動をしていきましょう。

 

 

2020年10月10日 立川店OPEN

多摩店も同時キャンペーン開催