Blog

柴崎体育館駅初心者ダンスの朗報

柴崎体育館駅の皆さん 朗報です!

立川初心者女子の為のダンススクールが

2020年10月10日OPENします。

HIPHOP K-POP JAZZ 大人のバレエなど
初心者を専門にした【超入門】が大人気

ついに立川に上陸

FANTASY DANCE SCHOOLは多摩地区最大数のクラス完備・多摩本店 立川店ticket共通で通いやすい!
・大人女子のレンタル無料シューズ貸出あり
・デザイナーがスタジオを作ったからオシャレ♪

しかもグランドオープンキャンペーンだから

異常なほど 大きなキャンペーンです♪

多摩本店
http://www.d-fantasy.tokyo/

立川店
https://www.fds-dance.com/

042-401-8781

本日のダンスや美 健康のお話はこちら!

寒天ダイエットの効果

 

寒天ダイエットの効果にはどのようなものがあるのでしょう。寒天ダイエットは比較的手軽にしかもおいしくできるダイエットとして人気になっています。ダイエットしている人の多くは、寒天そのものには味が無いので、りんごやみかんなど果物のジュースを使っていろんな味をつけているそうです。自分好みの味付けをするなどしてアレンジすれば、いろんな味が楽しめ、飽きずにダイエットを続けることができるメリットがあります。少ないエネルギーで満腹感を味わえる寒天というものは、低カロリーでおなかもふくらみます。寒天が注目されているのは、ダイエットに適した食品の1つとしてでしょう。摂取カロリーを低く抑えることが寒天のメニューを普段の食事に取り入れることでできるので、ダイエットを簡単にすることができるそうです。寒天に含まれる豊富な食物繊維によって、寒天がダイエット食品として注目されているようです。人間の体内では食物繊維は消化吸収されにくく、効果的に消化器官の働きを活発にするようです。大腸内で未消化の食物繊維が便の量を増やし、腸壁を刺激することから便通を良くし、便秘も解消できるのでダイエットにつながるというのが具体的な仕組みです。腹もちがいい寒天はこの食物繊維が豊富だからであり、胃の中に長く消化吸収されにくい食物繊維が滞留するためで、ダイエットに過食が避けられることによって役立つ仕組みになっているようです。普段の食事を寒天に替えるだけで、ダイエット効果が期待できるのは、寒天にあるこのような理由からであり、寒天ダイエットの良い点でもあるのです。高額なダイエット食品などにくらべ値段も安く済み、同様の効果が期待できるため、人気のダイエット方法のひとつとなっているのです。

立川店オープン10月 初心者ダンス専門 谷保

谷保の皆さん 朗報です!

立川初心者女子の為のダンススクールが

2020年10月10日OPENします。

HIPHOP K-POP JAZZ 大人のバレエなど
初心者を専門にした【超入門】が大人気

ついに立川に上陸

FANTASY DANCE SCHOOLは多摩地区最大数のクラス完備・多摩本店 立川店ticket共通で通いやすい!
・大人女子のレンタル無料シューズ貸出あり
・デザイナーがスタジオを作ったからオシャレ♪

しかもグランドオープンキャンペーンだから

異常なほど 大きなキャンペーンです♪

多摩本店
http://www.d-fantasy.tokyo/

立川店
https://www.fds-dance.com/

042-401-8781

本日のダンスや美 健康のお話はこちら!

皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満

 

体脂肪を減らすことがダイエットでは目標となります。皮下脂肪と内臓脂肪の2種類が体脂肪と呼ばれています。皮膚のやや下層にある皮下組織にある脂肪が皮下脂肪で、内臓脂肪とは異なるものであり、性質や機能も違います。皮膚を指でつまんだ時にわかる厚みが肥満度の指針となりますがこれが皮下組織で、体表に近く外部からの緩衝役にもなっています。皮下組織に脂肪が溜め込まれる皮下脂肪型肥満では、あきらかにたるんだ体型になります。皮下脂肪が蓄積されて代謝されないままでいるとセルライトができるので、ダイエット始めるきっかけにはなりやすいでしょう。皮下脂肪が蓄積されたせいで膝や腰などに負荷がかかりすぎ、健康状態を良くするためのダイエットに取り組む方もいます。しかし皮下脂肪型肥満は、生活習慣病などの原因にはなりにくいのです。それに比べて内臓脂肪は内臓のまわりに付く脂肪です。内臓のまわりに付いた内臓脂肪は、体の外からはつかんで確認することができません。内臓脂肪は体の中に隠れた体脂肪というわけです。内臓脂肪は血行のよい内臓のまわりにあるので、蓄積されるのも早いのですがダイエットなどで分解されるのも早いという性質を持っています。余分なカロリーが内臓脂肪と体脂肪のどちらに振り分けられるかは性差もあり、男性の場合は内臓脂肪を優先して作りエネルギーとして使いやすくしています。そのため、体脂肪率の近い男性と女性を比較すると、内臓脂肪がより多い方は男性ということが多いようです。内臓脂肪型肥満を放置しておくと、高血圧や動脈硬化などの体調不良の原因となるため、健康のためのダイエットが望まれます。